趣味と食紀行 misery of leo

私が思うこと感じたことを述べていくための手段であり、記録であります。

スポンサーサイト

Posted by Leonheart on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトログスタフ

Posted by Leonheart on   0 comments   0 trackback

はい、こんにちは。

DSC00244.jpg

北九州の門司港に行ってきました。
海峡挟んですぐ隣は山口県です。

ここ門司港はレトロ地区が有名で、明治・大正の文明開化の
おもかげを今も残しています。

DSC00245.jpg

DSC00247.jpg

門司港駅構内にもいろいろありました。外れのほうに、旧型の日産消防車。

DSC00248.jpg

さてレトロ地区の観光です。
まずこちらは、旧三井倶楽部邸。
DSC00242.jpg
かのアインシュタイン夫妻が滞在していた館ということでした。
現在は一階部分はレストラン、二階が見学場所になってます。
ただし二階の部分は見学料が100円となっております。

船は運航していませんでした。まぁ平日だから・・・
DSC00231.jpg

こちらは旧関税所。
DSC00232.jpg

内部は美術品や絵画が展示されていました。
DSC00233.jpg

DSC00234.jpg

階段を上り・・・展望室へ。
DSC00236.jpg
橋桁が上がっていくのが見えただけでした(笑)
まぁ展望室っていっても、せまい部屋で3階じゃ
あまり何も見えないのも当然ですけどね。

こっちは図書館。一階部分は中華レストランです。
二階の図書館は置かれている書物自体は普通のもので、
閲覧は自由でした。ただ、暑かったので長居はしませんでしたが。(苦)
DSC00237.jpg

さて、そろそろお腹が空いたので、ランチタイム。
2階建ての建物の海峡レストランでランチです。
海峡写真撮るの忘れた・・・

ところで、これは何の料理でしょう?
DSC00240.jpg

ちゃんぽん鍋??鍋焼きうどん??

違います。





パスタです

え?

何の冗談かと思いましたよ。。。

でもパスタです。

「地元野菜と海峡で取れたふぐの煮込みスープパスタ」

そうスープスパゲティです。

味は・・・中の下でした・・


だんちょ評定:

野菜と麺はからめられた相性がよく、ふぐもスープに

味が出てる点はよかったです。マッシュルームもふんだんに

入っていて、上品なテイストを醸し出していました。


問題はふぐの切り身自体です。

スープに味が出てもなお、身にコクが強すぎてせっかくうまく

絡まった味の中で、非常に突出しすぎて全体の味を乱して

しまっています。

さらにその味のあとに麺や野菜を食べることで、また味覚が

混乱して、妙に甘辛いような状態になってしまうかも??

とりあえず、ふぐは味が薄いふぐ刺しの状態で鍋に入れて

余熱で少し熱した方がよかったかもしれません。


ということで、口直しにこれまたレトロな喫茶&しゃぶしゃぶ店へ!

店内はモダーーンな感じでところどころにインテリアがおしゃれに

おかれていました。

DSC00249.jpg

口直しに頼んだのは、抹茶クリームぜんざい

DSC00250.jpg

冷たい小豆の上に冷やした白玉と抹茶アイスがのっているスウィーツです。

口直しに十分でした。

どれを食べてもまずはキンキンに冷えた冷たさが口を通り、続いて甘さが

通り抜けていく・・・白玉と小豆のコンボがふんだんに甘さを。

抹茶アイスはほんのりとした甘さ、そして渋さ。

キーンな状態を緑茶で締めれば、

風流だねぇ・・・・な状態です。


スープスパゲティはなんのそのどっかに飛んで行きました(笑)


そして夕焼けが照らすレトロ地区をあとに電車に揺られながら帰ったという

観光でした。

門司港駅の夕日(これは私撮影のものじゃないです。)

b0006316_22415722.jpg



さて、今日の動画は・・・ACfaと

今日の曲・再生数も兼ねてマイチャンネルより虚ロナ夢。




こんなミサイルの嵐できるようにするからAC4より画質が遥かに落ちるんだよfa!!(泣
機体構成の幅が広がるのはいいことなんですが・・・


ニーア ost 虚ロナ夢



では、また!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://imgram.blog123.fc2.com/tb.php/52-cb2bae6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。