趣味と食紀行 misery of leo

私が思うこと感じたことを述べていくための手段であり、記録であります。

スポンサーサイト

Posted by Leonheart on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のバイブルげー

Posted by Leonheart on   3 comments   0 trackback

皆さんもおそらくはゲームを今までやってきて、このゲームは生き方変えた

とまでは言わないけど、かなり自分にとって良いゲームすぎたって

言うのはあると思います。今日は私のそんなゲームについて

を・・・まぁご存知「グランツーリスモ」ですが。

1を初めてやってから、それまではリッジレーサーに代表される

アクションとしてのレースしかやらなかった私にとって、衝撃を感動を

持って迎えられたゲームでした。もっとも初期は満足に操ることさえも困難でしたけど・・・

以後はほとんどのタイトルを網羅し、私がここまで車好きになれたのは

このゲームのお陰によるところが半分以上と言えるほどです。

以下はコピーペーー


『グランツーリスモシリーズ』(Gran Turismo Series)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたゲームソフトのシリーズ名。企画・開発はポリフォニー・デジタルが行っている。ジャンルはドライビング&カーライフシミュレーター。

概要 [編集]
グラフィックやリプレイのカメラワークの巧みさ、挙動のリアルさなどによって話題を呼び、累計5000万本以上の出荷を記録したシリーズである。[1]

後発のレースゲーム、特に実車を起用したタイトルで(挙動がリアルかどうか、などの面で)しばしば比較の対象とされるほどの影響力を有するようになるのみならず、世界の自動車業界にもその名を知られることとなり、特に日産・スカイラインGT-R、三菱・ランサーエボリューションに代表される日本国内専売(当時)の高性能スポーツカーは、このソフトによって世界的な知名度を上げたといわれている。開発においても実際のメーカーとの連携が強い。

プレイステーション2で発売された『グランツーリスモ3 A-spec』は、ハードウェアの性能向上によってグラフィック、内容共に大幅なパワーアップがなされており、ハードウェアの普及に貢献した。『グランツーリスモ5プロローグ』ではオンライン対戦やアップデートによる機能の追加や実在のF1マシン「フェラーリ・F2007」などの収録も行われている。名前の由来は『グラントゥーリズモ』からとった物である。

グランツーリスモの誕生 [編集]
1990年代半ば、家庭用ゲーム機の次世代機戦争が勃発し、キャッチフレーズである「リアルドライビングシミュレーター」として『リッジレーサー』と対峙する形で登場した。当時としては珍しい環境マッピングをいち早く家庭用ゲームソフトに取り入れ、車の光沢を生み出すような効果を実現し、多数の実在の車種、家庭用ゲーム機としてはリアルな挙動などで、大ヒット作品となった。

生みの親である山内一典は、1993年にソニー・ミュージックエンタテインメント入社後、いち早く企画書を出したが、”メーカーとライセンス契約して実車が登場するゲームを出したい”という山内の請願は当時としては非現実的で、まずは年齢を下げた世代に向けた『モータートゥーン・グランプリ』の開発に着手する運びとなる。

『モータートゥーン・グランプリ』シリーズを2作作り終えて、ようやくグランツーリスモ開発へと着手することになる経緯はゲームクリエイター列伝「グランツーリスモを創った男達」として『週刊少年マガジン』誌上で1998年に漫画化された(ただし、この漫画シリーズは他社のゲームの開発秘話も含めて毎回同様の展開なので、創作がかなり含まれている。例えば、ある開発者がパチンコ店でパチンコ玉を見て、車に光沢つけるアイデアを思いついたエピソードは全くの作り話である)。

X68000向けの雑誌『Oh!X』で3Dレースゲームの製作記事を書いていたプログラマ達が、製作に関係している。

登場車 [編集]
世界中の主要なスポーツカーが登場するが、ポルシェ、マセラティ、デ・トマソといったスーパーカーのメーカーからはライセンスを得ることができず現在もなお登場に至っていない[2]

また、レースとは程遠い大衆車や旧車あるいは高級車も多数登場し、自分が乗っているのと同じ車種でレースし、また容易に購入が見込めない高級車もドライブするなど、レースファン以外のユーザ取り込みにも成功した。

2006年9月22日に行われた東京ゲームショウ2006で、シリーズ初のプレイステーション3向け作品となる『グランツーリスモ HD』でユーザの要望が多かったフェラーリ車の収録が決定した事も発表され、『グランツーリスモ HD』のサイトではフェラーリ・599の画像が公開された。山内曰く、グランツーリスモの語源であるイタリアのトップメーカーであるフェラーリが収録されていない事に疑問を持ち、フェラーリ社に掛け合ってCGを提出した結果、許可が出たとのこと。

ちなみに、今迄日本国内のメーカーにおいてフェラーリの名称使用権を所有しているのはセガのみであり、海外のメーカーでは数社でしかライセンスを得られていない。その後、12月1日に『グランツーリスモ HD』の発売中止、『グランツーリスモ5』への吸収と開発優先、『グランツーリスモHDコンセプト』の無料ダウンロード提供などが発表された。

テーマ曲 [編集]
1作目から代々テーマ曲としてOPなどに使用されている曲は安藤まさひろがANDY'S名義で制作したアルバム『ANDY'S』収録の「MOON OVER THE CASTLE」である。同アルバムの収録曲はボーカル部分をインスト化するなどアレンジが施され、ほぼ全曲が1作目のBGMとして利用された。また、T-SQUAREのアルバム『BLUE IN RED』には同曲のT-SQUAREバージョンとも言える「Knight's Song」が収録されている。なお、この曲はコンサドーレ札幌のホームゲーム選手入場時のBGMとしても使われており、サポーターにはおなじみの曲でもある。

シリーズ [編集]
プレイステーション [編集]

グランツーリスモ(1997年12月23日)
初代グランツーリスモは100車種146グレードが収録され、当時としては類のない台数であった。今までのゲームとは違い、リアルフィーリング・リアルドライビングを追及して開発された。当時の家庭用レースゲームの中において車の挙動が最も本物に近いことや、リプレイの美しさが話題を呼び、爆発的なヒットを記録した。パッケージの車はトヨタスープラとスカイラインGT-R(BCNR33)。
また、初代のレーシングモディファイはその車のレースカーがあったとしても、そのレーシングカーを真似た架空のものしかなかった。

グランツーリスモ2(1999年12月11日)
シリーズ唯一のCD-ROM2枚組で構成されており、アーケードモードを主とした「アーケードディスク」とメインコンテンツである「グランツーリスモディスク」で構成されている。シリーズ初のダートコースが収録。また、シリーズで初めて実在のサーキットであるラグナセカ・レースウェイ(現:マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ)が収録された。因みにグランツーリスモ3以降ではできなくなる「レーシングモディファイ」といったチューニングができる最後のタイトルだった。パッケージの車はホンダS2000。ここまでのシリーズはネジコンに対応している。
2代目グランツーリスモのレーシングモディファイは実物のレーシングカーと同様のレーシングモディファイも可能になり、またネッツやアンフィニなどの販売店の名称もレーシングモディファイに使用された。

プレイステーション2 [編集]

グランツーリスモ3 A-spec(2001年4月28日)
プラットフォームがプレイステーションよりさらに高性能なプレイステーション2になったことで、車のモデリング精度やサーキットのクオリティは比較にならないほど向上した。また、これまでの秒間30フレームから秒間60フレームになったことで動きがより繊細になった。当初は「グランツーリスモ2000」という仮称で開発を開始し、プレイステーション2と同時に発売する予定を立てていた。開発時の内容はアーケードモードを主とする予定であったが、車種やゲームモードの追加などによって開発が大幅に長引くとともに、タイトルも「グランツーリスモ2000 A-spec」を経て「グランツーリスモ3 A-spec」へと変更された。「A-spec」となっているのは、GT4に収録されている B-specモードを収録したバージョンを発売する予定であったためだが、結局「グランツーリスモ3 B-spec」なるソフトは発売されなかった。
全世界で約1400万本を売り上げ、PS2で最も売れたソフトとされている。グランツーリスモ3で使用されているBGMは様々なアーティストの楽曲が使用されているが、中でもイギリスのロックバンド「Feeder」の「Just a day」がGT3のBGMとして使用され大ヒットを記録したのは有名な話である。パッケージに描かれている車はRUF・3400R。

グランツーリスモ コンセプト 2001 TOKYO(2002年1月1日)
グランツーリスモ3 A-specのシステムで、2001年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーや2001年当時の最新車などを収録。パッケージの車はスカイラインGT-R PROTO(後の日産・GT-Rの原型)のリアビュー。

グランツーリスモ・ルポカップ・トレーニングバージョン(2003年4月)
ポリフォニー・デジタルがフォルクスワーゲン日本法人からの依頼で、当時開発中だったグランツーリスモ4のシステムを用い、フォルクスワーゲン・ルポによるワンメイクレース「ルポGTIカップ」の参加者のトレーニング用として開発したソフト。収録されている車はルポGTIカップカーのみ、コースも筑波サーキットのみが収録されている。非売品で、同年の「ルポGTIカップ」参加者にのみ配布された[3]。

グランツーリスモ4"プロローグ"版(2003年12月4日)
グランツーリスモ4の予告編、入門編的内容。教習所スタイルで、ボードゲームのようにレッスンを選択し、段階的に運転技術をレクチャーする。開発が長引いたGT4の遅れを補完する意味合いがあった。エンディングはグランツーリスモ4の開発ムービー。特に実写がふんだんに使われている点に注目。日本版でスクールモードのナレーションを担当したのは劇団青年座所属の魏涼子(ぎ・りょうこ)。GTForce Proに対応。

グランツーリスモ4(2004年12月28日)
グランツーリスモ3の要素に加え、写真撮影(プリント可能)や中古車購入の復活、スペシャルコンディションレースなどの要素がある。そして、グランツーリスモモードの1年目は毎月2コース(10月のみ3コース)がフリーラン、走行会、フォトドライブ、ファミリーカップ、アーケードモードに追加される(一部走行会、フォトドライブ、ファミリーカップ選択不可)。パッケージの車は山内一典の愛車・フォードGTのコンセプトレーシングモデル。
ただしグランツーリスモ4は自分で改造した車をアーケードモードに使用できない。

ツーリスト・トロフィー (2006年2月2日)
グランツーリスモ4をベースとしたバイクゲーム。グランツーリスモ4に登場したサーキットをさまざまなバイクで走行することが出来る。写真撮影も可能。他、バイクのレーシングモディファイも可能。
グランツーリスモ4 オンライン実験バージョン(2006年7~8月)
グランツーリスモ4をベースに、オンライン対戦やタイムアタック・チャットなどのインターネット機能を追加した、実験用のプレイステーション2専用ソフトのこと。公式サイトの会員の中から抽選で5000人に無償配布し、テストプレイを行った。2006年7月1日~8月31日までサービス提供(9月1日終了)。

プレイステーション3 [編集]

グランツーリスモHDコンセプト(2006年12月24日)
2006年のElectronic Entertainment Expoに出展された試作品だったが、2006年9月の東京ゲームショウで「グランツーリスモ HD」 (GT-HD) の名称で製品として2006年12月に発売されることが発表されたが、12月1日に2006年12月24日よりプレイステーション3のオンラインサービスの一環として『グランツーリスモHDコンセプト』が無料配布され2007年9月30日に終了した。

グランツーリスモ5プロローグ(2007年12月13日)
グランツーリスモ5のプロローグ版となる作品。マルチプレイヤーによるオンライン対戦が可能。2007年10月に開催される東京モーターショーにあわせて発売され、東京モーターショーに出展予定の新車を配信すると発表された。パッケージの車はこのゲームの中心的な車両・日産GT-R。
この節には予定される事象を扱っている文章が含まれています。性急な編集をせず事実を確認の上投稿してください。

グランツーリスモ5(発売日未定)
GT5プロローグの本編となる作品。プロローグ版の発売から約一年ほどで発売されると予想されていたが、現時点での情報はあまり明らかになっていない。プロデューサーの山内氏の発言が二転三転しているため、早くても発売は2010年以降になるという説がある[4][5]。カーダメージなど数多くの新要素が盛り込まれプロローグとは大幅に異なる作品になるとみられる。最近になり、2009年12月4日発売という噂が流れているが、定かではない。


グランツーリスモ (PSP)(2009年10月1日)
当初は『グランツーリスモ4モバイル』の仮称で2005年春に発売を予定していた[6]。その後長期間表立った進展がなく、山内は『グランツーリスモ5』の開発を優先すると発言していたが、2009年6月のE3にて10月発売と発表された[7]。
タイトルは『グランツーリスモ』と同一だが、PSの第1作の移植・リメイクではない。登場車種800台以上、登場サーキット35コース70レイアウト、アドホックモードを使った多彩なアーケードレースなど、メインシリーズに匹敵するボリュームになる予定。10月8日発売の予定が10月1日に変更された。
シリーズで初めてランボルギーニの車両が登場することが発表された。カウンタックLP400、ブガッティ・ヴェイロン16.4、シボレー・コルベットZR1、エンツォ・フェラーリなど多数の車両が初登場することが既に発表されている。











正直、これさえ与えてもらえればアーマードコアでさえ無くてもいいとおry

まぁこれのためだけにPS3を買ったといっても過言ではなry

墓までもっていきたいゲームがあるとすればこれだry


皆さんもそんなゲームがありますか?あるいは今はそうじゃなくても

いつかそう思えるゲームがあるかもしれません。

神ゲー 良ゲー 糞ゲー どれにしても自分は大好きだ!って

言えるゲームがあなたのバイブルになったりします。










スポンサーサイト

Comment

ナヴァ says... "NO TITLE"
そうだな~最初に出会った神ゲーはMGS
最近だとCOD4ですかね、CODはほんとにPS3買う前から購入する予定でした
プレイするまでFPSだという事も知らなかったのにw
購入理由は、ほんとに雰囲気で面白そうだったからですねw
FPSという言葉を知ったのもCODのおかげですからね~
何よりお陰でいろんな人に会えましたw
2009.09.20 04:53 | URL | #- [edit]
mっぱい says... "NO TITLE"
僕も神ゲーといえばやっぱりCOD4ですね。
もともとGTAとかフリーダムファイターズ(知らないか!?)とかマーセナリーズとか
ドンパチやるゲームが好きだったのもありますが、本当に僕のゲーム人生の中でも最もはまったタイトルの一つです。
初めてオンラインに繋がって、そこでの楽しみとか嫌な事とか全部ひっくるめていい経験できますた。
何よりお陰で色んな人に出会えましたw(パート2)
2009.09.22 22:52 | URL | #DhuRAo1g [edit]
nobeless says... "NO TITLE"
そう。COD4ですか・・・まぁ私がFPSでここまで長続きしたのはHaloとゴールデンアイ

以来でしょうね。

うーん確かにこれがなければみんなに会うこともなかった・・・



もうすぐGTがPSPで出るぞ~!期待したいところです。
http://gt-real.jp/index.html
2009.09.25 14:00 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://imgram.blog123.fc2.com/tb.php/18-1cc1fef9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。