趣味と食紀行 misery of leo

私が思うこと感じたことを述べていくための手段であり、記録であります。

スポンサーサイト

Posted by Leonheart on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精彩を欠いた・・・第2戦レビュー

Posted by Leonheart on   2 comments   0 trackback

こんばんは。

昨日のSGTシリーズ第2戦鈴鹿参加者のみなさんお疲れ様です。


今日は時間がないですが、簡単にレビューで振り返ろうと

思います。。。


今回の私は・・・

前シリーズと合わせて・・・・・




一番精彩を欠いた一戦でした。。。


普段では絶対やらないような大きなミスを3つ。


やってしまいました。。。



まず開幕1コーナー、、、

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_convert_20110626195511


予選5番手の私は4番手だったTAKATAのスリップに入ってからの

インをアタック!!

オーバーテイクに成功しました。。。


そのまま、各マシン出遅れたマシンもありながら

ですが、続きます。

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_1_convert_20110626195624


そしてトップ争いが2台に絞られます。たった1周でこの差!

ARTAとザナヴィです。。。


いっぽう3位以下の争いも序盤から激化、

順位を入れ替えながらの接戦が続きます。



驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_3_convert_20110626195638


TAKATAの背後についていた私に最初のミスが訪れます。。。

USBで接続していたコントローラが一瞬信号を消失・・・

瞬間的に付き直しますが、コーナーに足を取られ

スピン!!!

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_4_convert_20110626195653

最下位に落ちます。

結局最下位からのスタートが多いな!私は! と思いながら追いかける展開に。。。




10周を過ぎたころ、トップ争いの二台の差が少しずつ離れ始めていました。

ARTAが逃げ切りの体制に入ります。。。

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_6_convert_20110626195915
ザナヴィは苦しいでしょうか・・・


この辺りで各マシン2ピット作戦のマシンはピットインへ。

タイヤを交換して出ます。

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_7_convert_20110626195931


このあたりでさらに私はミス。

無駄にスロットルを抑えて走り過ぎてます。。。

なぜかっていわれても説明できないほどの無駄です、、、


ここで私は1ピットストップしか手がないことになります。。。



3位争いが熱い。。。

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_8_convert_20110626195944


TAKATA 対 モチュール

表彰台宣言を行っていたTAKATAがモチュールにプッシュ、

お互い牽制しあいながらレースが進みます。。。


周回数が半分になると、1ストップ組もピットイン。

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_9_convert_20110626195959

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_10_convert_20110626200032

ARTA ザナヴィ・・・

そして私ですが、、、

ここでも最大のミス!!

なにを考えたか、、、


燃料をフルでわざわざ入れるようにしました

驤エ鮖ソ繧オ繝シ繧ュ繝・ヨ_11_convert_20110626201733

おかげでピットストップの時間が倍掛かります。。。

しかもそのミスに気付くのが残り数ラップの時という間抜けっぷり・・・


疲れてたのか私は・・・?


その後、必死のプッシュで直接のバトルはなかったですが

2ストップのイエローハットとの差を無くし、イエローハットが2ストップ目を終わり

コースに出るころには、なんとか前に出ていた状態でした。。。

後方のイエローハットがどんどん迫ってくる中

なんとか今回はそのままチェッカーまで逃げ切りました。。。


しかし、正直今回はまったく納得できてません。

マシンの調子は悪くなかったのですが、ドライバーの私のミスが

多々ありすぎて結局合計すれば1分以上のタイムを無駄にしてます。


せめてどれか一つのミスがなければ、、、4位、あるいは3位入賞もできた

可能性が十分ある?(少なくとも3位争いのバトルが出来たはず)

これは非常に悔しいです。


チームオーナーからも私はランキング4位以内が目標だと言い渡されてますので、

来季の契約のためにもなんとか次戦で結果を残したいところです。


とにかくリベンジしないと収まらないですね。




結果が結果だけにモチベーションは下がってませんね、むしろ

次に向けて上がってます。。。

これって大事なことで、自分はもっと出来るはず

って考えること、あるいはそれでもなお楽しめるってことは、

悪い流れをいい方向に変化させる原点です。

少なくとも、参加さえしなかったり、途中で萎え落ちするより

よっぽどカッコいいこと。。。

まぁ、逃げることも大切な手段かもしれませんけどね。

スポンサーサイト

SUPER GTシリーズ 開幕戦ニュルGP/D レビュー

Posted by Leonheart on   4 comments   0 trackback

こんばんは。

先ほどまで、第2シーズン開幕戦のラウンドで走られていた方お疲れ様です。


SUPER GT  シリーズ2

開幕しました。

詳細は以下の主催ブログで見れると思いますが。

私も、自分を主点とした決勝レースのレビューを載せようと思います。


主催のブログはこちら



こちらはBGMに。ご存じ嘉祥さんの最新作です。


さて、ニュルGP。


遠くまで透き通るような青空のもと、

まるでそこまで突き抜けていくようなマシンを持った

ドライバーたちが集った開幕戦。


私はカルソニックGT-Rで参戦。


残念ながら私はマシントラブルで予選は出場できず、

決勝は10番手からのスタートです。


フォーメーションラップからの


SUPER GT 第2シーズン、開幕!!

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_convert_20110620012120

まずは1コーナースムーズな流れで穏やかに各マシン駆け抜けていきました。

カオスもなく、、、各マシン素晴らしい立ち上がりです。


私も10番手から数周はそのままの状態で前をうかがっていました。


ちなみに
繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_1_convert_20110620012140

前シーズン、ディフェンディングチャンピオンのARTAは数周で2位以下にすでにご覧の差。

初戦から絶好調です。


2位以下も団子状態ながら、全体的なペースは高めでした。


ここで、私も前のマシンを何台かパスしにかかりますが、

グリップを失い、グラベルに突っ込んで出遅れてしまいました。


さて、そんな中2番手争いがまず激化。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_2_convert_20110620012159

TAKATA童夢 ザナヴィZ イエローハットスープラが絡んでの

 ホンダ 対 日産 対 トヨタ

三つ巴バトルが開戦。

10周近く、争いが続いて行きます。


が、ここでブレーキポイントを大きく間違えたザナヴィZが

前を行くスープラに追突、スピンさせてしまいます。


スープラはこれで大きく後退。

2位のTAKATAを3位のザナヴィが追う展開に。。。


私も中団のグループの混戦にあって、

なんとか抜いて行こうとしていた状態でした。

ペトロナス カルソニック レイブリック

こちらも三つ巴の状態。


ですが、ストレート前で出遅れたレイブリックを捉え、抜いて行きます。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_3_convert_20110620012218


私はここからピットインまで前のモチュールGT-Rを追う展開に。


ペトロナスSCもその後、レイブリックをかわし、ウッドワンGT-RとAUセルモスープラを捉え、仕掛けます。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_7_convert_20110620012329

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_5_convert_20110620012253


一番に早々にピットインしたのはレイブリックNSX。

後方で苦しかったので、賭けに出たようですね!!

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_6_convert_20110620012309



ここで再び上位陣に戻ると、


ARTAが早めのピットイン。


ザナヴィがTAKATA童夢をかわして暫定トップに上がり、

後退していたスープラがTAKATAに追いつきます。


その後ピットアウト後のARTAが二台に追いつき、

フレッシュなタイヤでオーバーテイクしていきます。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_8_convert_20110620012345

TAKATAもスープラも、抵抗はせず前に行かせたのかもしれません。


ザナヴィもその後ピットイン、再びARTAがトップに出ます。



私は前のモチュールとの距離を少しずつ詰めておきたいところでしたが、

その前になるべくタイヤを持たせて出来る限りピットを遅らせる手段に

出ました。


この作戦が私にとって今回の大きな転換点でした。


全体の周回数の半分を過ぎたあたりで、モチュールがピットイン。


残りのタイヤを使い切るつもりでプッシュします。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_9_convert_20110620012407



ピットインする直前、前を走っていたTAKATAがシケインで大きく出遅れ、

立ち上がりで抜きながらピットロードに入ります。

するとTAKATAもこれに合わせてきたのが同時ピットイン!!


ピットロードでは順位は変わらず、

TAKATAを引き連れてピットアウト。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_10_convert_20110620012423

ちょうど前にモチュールを捉える位置取りでしたので、

TAKATAを引き連れながら、モチュールを追う展開に。


数週後、モチュールと僅差にもつれ込んだ私はひたすら後ろに付き、

コーナーで膨らんだところをインを付いてオーバーテイク。

個人的には今回のベストオーバーテイクです。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_11_convert_20110620012441


そのままモチュールをつれ、今度は前でピットインしたイエローハットスープラに接近

、、ピットアウト後のスープラにモチュールとカルソニックが襲い掛かります。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_14_convert_20110620012535


(ちなみに今回、一番良くタイヤを持たせたのはイエローハットスープラ、

GT-Rの数周分、タイヤを持たせることが出来ていました。ついでペトロナスSC430です)

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_13_convert_20110620012517



まず3番手に躍り出たのは私のカルソニック。

その後、4番手争いでスープラとモチュールが続きます。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_15_convert_20110620012553

数周はこの状態が維持されます。

が、TAKATAが後ろから追いついて来たことで、流れが変わります。

イエローハットが4番手を確保して、私のカルソニックを追撃開始!


5番手でモチュールとTAKATAのデットヒートが始まります。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_18_convert_20110620012641

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_19_convert_20110620012703

ストレートの立ち上がりでTAKATAが差をつけ、前に出ます!


一方トップのARTAは悠々とコース上のマシンをかわしていきます。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_16_convert_20110620012609

しかし、その後方では2位のザナヴィがもの凄い追い上げを見せていました。。。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_17_convert_20110620012626

実は、今回の決勝レースのファステストラップはザナヴィZ!!

唯一の1分25秒台。

2番手タイムにARTAの26秒台。
(コンマ2秒遅れて3番手にカルソニックが来てたことに感激!)

ARTAもうかうかしてられません。


もっとうかうかしてられなかったのは私!

気づいたらイエローハットが迫ってきていました。

とはいえ、タイヤ後ろの方が状態は良い。。。

だんだん曲がりにくくなるなか、とりあえず出来る範囲でペースを

上げますがすでに遅かったです。

シケインで並ばれて、サイドバイサイドに持ち込まれます。

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_20_convert_20110620012723
(ここからサイドバイサイドを保ったまま、ファイナルラップまで向かうことに

なりますが、それがこの画像から見て取れると思います。お互いに相手の分のスペース

を残しているためクリーンで白熱した戦いが楽しめるんです。)

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_21_convert_20110620012740

そんな中、結局最後までマージンを守り切ったARTAが開幕戦を制し、

初戦、優勝!!

繝九Η繝ォ繝悶Ν繧ッ繝ェ繝ウ繧ッ+GP_D_22_convert_20110620012756


ザナヴィが2位でチェッカーを受けます。

3位争いはこのままもつれ込んでチェッカーかと思いきや、ファイナルラップで若干足を取られた私は

イエローハットに追いつくことが出来ず4位でフィニッシュしました。



レース結果を振り返ってみると

最後はおしかったですが、10位グリッドからの4位フィニッシュなら

上々といえるかなと思いました。

なんとかマシンは戦えそうなので、次もこのペースを維持したいですね。


それでは改めて、参加者の皆さん、お疲れ様でした!!

ようやくJB勝利!

Posted by Leonheart on   2 comments   0 trackback

こんにちは。

先週のカナダGP、結局早朝までレッドフラッグで

観ることが出来なかった方も多いと思います。


結局、レース再開しましたね。

今回もベッテルが優勝かと思いきや、

なんと最後までもの凄いプッシュでベッテルを追い詰めていたのは


ジェンソン・バトン!!

私が一番好きなドライバーですが・・・

今回は、チームメイトとの接触や、6回にも及ぶピットストップなどで

最下位にまで順位を落としていたので、ダメか・・・と

思っていましたが・・・

再開後、もの凄い追い上げを見せなんと2位まで上がってました。


そしてファイナルラップ、果たしてベッテルを抜けるかどうかと

いったところで、


なんとベッテルがスベッテル


それを悠々とかわしていくバトン・・・

静かに燃えました。



今シーズン、初勝利です。

前回のモナコが優勝逃したので嬉しいですね。


こういうところで銀河帝国絶対エースのハミルトンに対して

バトンはスマートに対抗してるんですよね、カッコいい・・・

これでドライバーズランキングも2位ですか・・・


一度ワールドチャンピオンになったので、、、

あんまりもう一度チャンピオンになるつもりがなさそうな

お気楽悠々バトンですが。。。

まぁ、出来ればタイトル目指してほしいですね。

出来れば・・・です、うん。


残念だったのは、フェラーリの2台とザウバーのわれらが可夢偉。

せっかくいい位置取りだったのにフェラーリは2台とも表彰台を逃す

し、、、

最強アロンソはまさかのリタイア。

マッサはマッサ。


可夢偉は赤旗までなんと2位を走行する走りで、

このまま中断でレースが成立すれば、、、

単純に日本人最高位を手にするところだった

のかもしれません。

結局、レース再開後、雨のウェットコンディションから

路面がドライコンディションに代わってしまい


ザウバーのマシンじゃもうどうしようもないです。

それでも50周近く、2位で後ろのマシンを抑えきっていたのは凄い。

最後の最後フィニッシュラインでマッサに追いつかれてしまい、

7位です。

7位でも凄いといえば凄いですが。

2位だったので、悔しさもあるでしょうね。

まして、もう可夢偉はポイント入賞は当たり前のような

風潮になってますから。

実況集団にもそこから先のさらなる次元を期待されてますしね。

次に期待です。



さて、最後にバトンを記念して、

トップギアに出演した時のバトンを(笑)

ホンダ時代ですね。初勝利前のレアなバトン。




Super GT 第2シーズン開幕予定 と近況BO

Posted by Leonheart on   0 comments   0 trackback

こんばんは。

PSNが復活して早1週間くらい?

第2回、SGTシリーズ戦が行われる予定になりました。

6月の中旬くらいに開幕させる計画です。


詳しくは、企画兼主催のしんこさんのブログで続報が

あると思います。

グランツーリスモブログ

コースはまだ未定です。

レギュレーションは、SGT車両かJGCT車両

パフォーマンス、595ppまでで性能調整してください。

タイヤはレーシングソフト

ピットストップは自由

周回数は実際に行われている周回の半分。(約1時間くらい)

週末21時~予選30分間を挟んで1時間半の予定です。


参戦希望者は私に伝えるか、しんこさんに直接メッセで

希望の旨(希望使用車含む)をお伝えください。




さて、BO参戦記録ですが・・・

特にPSNが落ちる前とそんなに変わりません。

ざっと全体のスコアを下げない程度に週間のスコアを出したら、

あとはのんびりしてます。。。

時折、ちゃんと戦えっ!て言われますが・・・


ちゃんとやってますよ!!はい(笑)


ただ、自分のやりたいように戦ってるんです。

味方のサポートに回って、(うわ、このフレいい仕事する!!私は楽に勝利貰えるじゃん)

って感じたり。

「今日のエースは私が貰うね。」って言いながら散々だったり。



楽しんでるときと、単純にスコアが欲しいときがあるのが、

最近の私の傾向だといえばそうかもしれません。

でも楽しんでる時も、そんなに迷惑は掛けてないつもりですが。。。

違いますか・・・?違ったらごめんなさい。。。泣



なんてな、それではまた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。