趣味と食紀行 misery of leo

私が思うこと感じたことを述べていくための手段であり、記録であります。

スポンサーサイト

Posted by Leonheart on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よもやここまでとは!

Posted by Leonheart on   5 comments   0 trackback

こんにちは。

前に書いた原発の問題が未だ終息していませんね。

もう少しうまく抑え切れるだろうと思っていましたが・・・

これじゃあ・・・人が住まない状態っていう点ではチェルノブイリと変わらない

じゃないか・・・と言いたくなりました。

原発反対の運動も高まりつつ・・・あるんでしょうか?

とはいえ、原子力がないとエネルギーが・・・足りない。

(シズマドライブでも誰かが作ればいい!)

もうちょっとこの問題も掛かりそうですね。

まして放射性物質が完全に消えるのは

・・・いつのことやら・・・


ちょっとシリアスなので、そろそろ趣味に。。。



F1 2011が開幕しました!

中東情勢の緊迫により、

第2戦だったはずのオーストラリアが開幕戦の舞台となった今シーズンですが、

昨日から開幕して昨日はフリー走行、今日が予選、明日が決勝。

今シーズン、注目すべき点はたくさんありますよね。

(そういえば、F1でも日本の被災者に向けて、決勝前に黙祷を行ったり

各チームが日本への応援メッセージなどをヘルメットやマシンに入れてますが

テレビはフジテレビ系か衛星放送以外どこの局もニュースで取り入れてないよね。

っていうところに虚しさを感じる・・・誰に届くんだろう?)

おっとまた暗くなった・・・話題変えて今年の注目したいところを挙げたいと

思います。

まず、昨年の王者レッドブル。

昨年最強マシンと呼ばれたRB6をさらに昇華させた今年のRB7。

もうすでにかなり評価が高いですが、王者防衛は出来るのか。

マクラーレンは、革新的に製作しすぎて、逆にパフォーマンスがきつくなった

今年のマシンMP4-26を今後どうアップデートしていきながらレッドブルを超える

マシンを生み出すのか。

同じくフェラーリも、あまり話題がないニューマシンではあったかなぁ

って気もしますが、それだけ堅実なマシンを作ってきたのか?少なくとも上位は

間違いないでしょうが、昨年の雪辱を果たせるか。

そのすぐあとに続くであろうメルセデスGP・ルノー・ウィリアムズ

これらの中ではメルセデスがかなりいい仕上がりに見えますが・・・

はたしてレッドブル・マクラーレン・フェラーリの3強に食い込むチームが出てくるのか。

さらに続いて中団のチーム、フォースインディア・トロロッソ・そしてザウバー。

トロロッソが特にレッドブルに頼らず製作したニューマシンがとても良好のようだと、

各チームのドライバーが言ってますが、表彰台に食い込むくらいのマシンが

出来ているのか。あるいはフォースインディア、それから去年と違って

開発予算がおそらく大幅に上がっていたであろうザウバーチームが

どういったパフォーマンスを見せるかも重要ですね。

そしてロータス・ヴァージン・ヒスパニア・・・

それぞれ二年目を迎える今年、これら下位に居た3チームの中から

中団に上がれるチームが出てくるのか。

去年はこれらのチームの中で一番上だったロータスに

ヴァージンとHRTがどこまで付いて行けるかですね。

ヴァージンは、まぁ少なくとも独自で開発した

ニューマシンで出場できるようですが・・・

HRTは結局トヨタのマシンを使うことが出来ずに、

なんとかほぼ去年のマシンといってもいいF110で

出なければならず、そうとう問題が起こりそうな予感がします。


各チームはあらゆる状況全てを把握して、どう戦略を組み立てていくか・・・

一つでも多くポイントを獲る上で重要であることは明らかです。

いつの時代もそうでしょうが、今年は・・・

これらに、今年から復活したKERSや可変ウィング、

ブリヂストンからピレリにメーカーが変わったタイヤ、

全20戦もの長丁場が予定されているシーズンなど

さらなる懸案が存在しており、より混迷が深まるシーズン

だと面白いですね。

とか書いてる間に、予選が終了しましたので順位を報告します。

(タイム省略&予選最終セッションのみ掲載)


PP:セバスチャン・ベッテル (レッドブル)

2:ルイス・ハミルトン   (マクラーレン)

3:マーク・ウェーバー   (レッドブル)

4:ジェンソン・バトン   (マクラーレン)

5:フェルナンド・アロンソ (フェラーリ)

6:ヴィタリー・ペトロフ  (ルノー)

7:ニコ・ロズベルグ    (メルセデス)

8:フェリペ・マッサ    (フェラーリ)

9:小林可夢偉       (ザウバー)

10:セバスチャン・ブエミ (トロロッソ)


まずは去年の覇者ベッテルがポールポジション獲得。

次いでマクラーレン・レッドブル・マクラーレンと

レッドブルとマクラーレンの激戦が予想されます。

その後に惜しくも去年2位で終わったアロンソのフェラーリが

入り、去年のトップ5が再び上位5グリッドを独占しました。

今年もこれからどんな展開があるのか楽しみです。

ちょwペトロフwwなんで6番手にいるんだ・・・

まさかのペトロフが最終セッションに残るのみならず、

6番手に並んでます。マシン的には可能だけどアンタじゃ・・・

チームメイトのニック・ハイドフェルドがそこ居るはずだろ・・・

そうだ、何かの間違いなんだ。。。そうだと言ってくれ・・・

目をゴシゴシ、ッ!見間違いではないというのか・・・!

それから8番手のマッサ・・・フェラーリなのに。

マッサはマッサ。あなた今年も苦労しそうですね。

9番手にはなんといきなり可夢偉が入ってくれた!!

これは今年は初戦からやってくれそうですが、、、

前にロシア製の高性能追尾自爆型ペトロフが居るのが怖すぎる・・・

10番手にトロロッソのブエミ。

マシンが良いって言われてるだけのことはあるけど、もし可夢偉が乗ってたら

5番手辺りには居たのさ~~(以外とホントだったりして)

上位10位はこんなところですか。予選で良くても決勝で

ダメじゃ仕方ないですからね。

逆にシューマッハやニックやバリチェロが

中盤手からのスタートになるということで

どういったドライビングをするのか注目です。

予選はヒスパニアレーシングがダントツで遅かったようですが・・・

レギュレーションルールで遅すぎるクルマは決勝には出れないはず。

ヒスパニア、いきなり問題抱えてるじゃん!!ヴァージンとロータスに置いていかれるよ!

せっかくディズニーのデザイナーがデザインしてくれたんだから・・・

カッコいいとこ見せないと!


おっと、、長くなりすぎたので、ここら辺で失礼します。

スポンサーサイト

チェルノブイリとは違う。

Posted by Leonheart on   6 comments   0 trackback

どうも、こんにちは。

まぁ、ここを見ている方はおそらくご無事の方々なので

なによりですが・・・今後どうなるかわからないので、

多少テンパっても、なるべく落ち着いた行動を取られてください。

さて本題の地震が大変です、特に今現在は原発が大変な状況で・・・

余計に煽ってるような気もしなくもないですが、、、

本来であれば、こういう想定されてないくらいの状況下でも

若干の問題・不備程度で済むくらい原発は頑丈なんだっていうことの

証明になるのでは!?とするつもりでしたが。



本当に爆発かどうかわかりませんが、建物の一部が消えてますね。。。

こうなると微量ながら放射性物質が漏れる可能性も否定出来ませんよね・・・



本当にごく微量なら屋内で防げるかと思うので、

外出を自粛すれば大丈夫でしょうけど。

地震で近くの公民館などの公共施設に避難されてる方は

飲料水(重要)は手元にストックしておかないと怖い状況です。


ただし、お分かりと思いますが、チェルノブイリになるっていうのは

もちろん嘘ですよ!

チェルノブイリは、非常に杜撰な中にミスが連発した実験のせいで

起こるべく起こったといえるの事故の上に情報隠蔽で付近住民が避難していなかったので

かなり悲惨な惨状になりましたが。

今回は、情報は徹底して伝えれれていますし、保安院も万全の対策で対応されてるはずです。

絶対ではありませんが、今すぐ大惨事になるとは思えません。

そもそも日本の原発はアメリカ型に近く、暴発したソビエト型でもありません。


やっぱりこれも冷静に推移を見守るべきでしょうね。

・・・それしか出来ることありません。



と、真面目に更新でした。


PS:私のフレンドも全員がまだ生還してません、

今日の午後に入って少しずつ無事だよぉ~って

いう方が入られてきましたが、残りの方もご無事

であることをお祈り致します。

追記:見てて思った。はいやらかしたね。○○ゴミ


最近サーチに戻りつつ・・・

Posted by Leonheart on   3 comments   0 trackback

どうも、こんばんは。

タイトル前に、だいぶ前に乗っけたトップギア、

新幹線vsGT-Rの続きがあったので先にそっちを乗っけます。

日産はこの数年前の時世、よくぞこんなクルマを作ってくれた。

圧倒的にコーナーでのターンインが速い!のは当然として・・・

ノーマルでこれだけのマシンなのに静かにドライブできるのは凄まじい

技術力。スクーデリア・フェラーリ430より速いとは・・・




さて、タイトル通り

BOに戻ってますが、サーチをちょくちょくやるようになりました。

というのも、ランキングボードにスコアが載らなかったせいですが笑


なかなか大変ですよ、途中参加したら大抵負け試合だったり

フルパーティを相手にしなければいけなかったり。

かといってこっちもフルパーティーだと困るんですけど(暇過ぎて)

五分五分くらいの試合がちょうどいいですね。

怖くなったら、隅っこで震えてればいいんですから

その後で火が入ったらグッとやればいいとです。


グッと入ったときは爆弾運搬係を引き受けてますが、

ちょっとだけ困るのは誰も道を開いてくれないとき。

防御時だったらいいんですが、攻撃時に味方のほとんどがモーション置いて

建物籠ってサプレッサー付けたショットガンで伏せられても(汗


(私はレンジャーじゃないんだけどなぁ・・・)

ってつぶやいたりしながら、しぶしぶ一人で陽気が良い中、運んでいきます。

ハマってるのは、ステルスプレイで敵に見つからず、

かわしながら目標近くまでたどり着くこと。

嬉しいことにそこまでやると、味方が動いてくれたりします。

もっとも、敵側にモーションがあるとかなり難関です(苦)

蛇の人「大佐、敵の層が厚い。潜入は無理だ。」

大佐「何をいう、これくらい突破せねば次作品での出番はないぞ!?」

蛇の人「馬鹿なことを、俺は主役だろう。」

大佐「ハハハハハ、それはないぞ、雷電が○○で○○だから。」

蛇の人「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

上記のような勢いがあれば、出来るかもしれませんが・・・

そうならないように味方にもいっしょに進軍して頂ければと思ったりします。

逆に味方が進軍しまくって悠々と大手を振って仕掛けることもありますけどね。


それでは最後に動画、トマホークゥゥブゥゥメラン!



ロッキーファンファーレって言うんですか、良いですね・・・





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。